第5講 形式の規則 箱と袋 – shape

第四講義からpart2である。Part2は形式の規則である。形式とは建築で言えば出来上がったもの。素材の集合。そこに現われるのは形状と大きさである。建築に近づくにはもっとも親しみやすい部分であろう。たとえば建築学科の学生が最初に扱うのはまずこの形。何故か?質料性は学生ではなかなか手に負えない。なぜなら教室の中にほんものが見当たらないからである。街に行けば転がっているが、教室には無い。更に大学における建築教育とは縮尺のある図面と模型によるヴァーチャルな世界の中で行われる。だから本当の質料は社会に出て一分の一を作るまでなかなか分からない。

一方関係性は比較的分かりやすいが内容がかなり高度で視覚的に即座に理解できるものではない。そうなると消去法的に残っているのは形式なのである。さてそこで本講は形式の第一として形状の話である。そこで今までと同様に対義語というスケールへの適合を考えるのだが、形状というあまりに巨大で無限な世界を対義語にまとめることが可能だろうか?最初はお手上げだったが肩の力を抜いてふっと昔図面を書いているときのことを思い出した。定規で簡単に描ける形がある一方でとても図面化できそうもないという形があったことを。そしてその間に決定的な差があると思った。それは設計する側にしても、作る人にとっても、そして見たときの印象は確実に全然違うはずである。
I 箱が生まれるまで

1)新古典の登場まで
a, 17c Italy
b, 17c Southern Netherlands
c, 17c England
d, 17c France
e, 18c France

2)ルドゥーからル・コルビュジェまで
−エミール・カウフマン 『ルドゥーからル・コルビュジェまで』
i. J-F Blondel 1705-1774
ii. M-A Laugier 1713-1769
iii. J-G Soufflot 1713-1780
iv. C-N Ledoux 1736-1806
v. J-N-L Dourand 1760-1835
vi. V-L Duc 1814-1879
vii. Le Corubusier 1887-1965

II コルの箱とロースの箱

III 箱が維持されるとき

−コールハースのミース再評価
妹島和世の箱

IV 箱が壊れる時

1)the function of the oblique
a, 斜めは身体に訴える
b, 斜めの教会

2)zoomorphics
a, IBM competition
b, Animal as symbol
c, Animal by function -statics
d, Animal by function -dynamics
e, Animal by accident

V 箱の中の袋 or 袋に入った箱

1)箱の中の袋
2)袋に入った箱 —奥山信一

《参考文献》

[A]…講義の理解を深めるために是非一読を(入手も容易)。
[B]…講義の内容を発展的に拡張して理解したい人向け。
[C]…やや専門的だが、面白い本。
[D]…やや専門的かつ入手困難だが、それだけに興味のある方は是非。

  1. ヒュー・オナー(Hugh Honour)、1996(1968)『新古典主義』(白井秀和訳)、中央公論美術出版 [C]
    ● モダニズムの起源である新古典主義の概説書。
  2. ベルナール・ストロフ(Bernard Stloff)、1996(1977)『建築家ルドゥー』(多木浩二/的場昭弘訳)、青土社 [C]
    ● 新古典主義のなかでも異色の建築家ルドゥーのモノグラフ。
  3. エミール・カウフマン(Emil Kaufmann)、1992(1933)『ルドゥーからル・コルビュジェまで』(白井秀和訳)、中央公論美術出版 [A]
    ● 新古典からモダニズムへの流れがよく分かる名著。
  4. エミール・カウフマン(Emil Kaufmann)、1996『三人の革命的建築家』(白井秀和訳)、中央公論美術出版 [C]
    ● 新古典の中でも幻想の建築家と呼ばれた3人、ルドゥー、ブレー、ルクーを扱った古典的名著。
  5. エミール・カウフマン(Emil Kaufmann)、1997(1955)『理性の時代の建築 フランス編』(白井秀和訳)、中央公論美術出版 [C]
    ● 新古典時代のフランスの建築状況。
  6. エミール・カウフマン(Emil Kaufmann)、1993(1955)『理性の時代の建築 イギリス、イタリア編』(白井秀和訳)、中央公論美術出版 [C]
    ● 新古典時代のイギリス、イタリアの建築状況。
  7. Paul Virilio / Claude Parent, 1996 “The function of the oblique”, Architectural Association [A]
    ● 直角への疑念を身体論的に理論化した数少ない具体的なモダニズム批判の形態論。
  8. Albersey-Williams Hugh, 2003 “zoomorphic”, Harper Design International [B]
    ● 昨今多く見られる、動物的な有機的形状の分類とその発生根拠の理論化(展覧会カタログ)。
  9. 越後島研一、2003『現代建築の冒険』、中公新書 [A]
    ● 日本の現代建築をその形状によって分類し、形態進化史的に概説した、面白い本。
  10. ハンス・ゼ−デルマイヤー(Hans Sedlmayr)、1957『近代芸術の革命』(石川幸一訳)、美術出版社 [D]
    ● 近代芸術の純粋性と自律性を説いた書。
  11. ビアトリス・コロミーナ(Beatriz Colomina)、1996(1994)『マスメディアとしての近代建築—アドルフ・ロースとル・コルビュジェ』 (松畑強訳)、鹿島出版会 [B]
    ● モダニスト建築家のマスメディアとのかかわりという極めて重要でありながらあまり語られてこなかった建築史。
  12. 川向正人、1987 『アドルフ・ロース』、住まいの図書館 [C]
    ● ロース入門書。

「第5講 形式の規則 箱と袋 – shape」への46件のフィードバック

  1. ピンバック: MarketWatch.com
  2. ピンバック: porn siteleri
  3. ピンバック: bonus main disini
  4. ピンバック: make money online 2020
  5. ピンバック: research firm Mumbai
  6. ピンバック: Mallorca Arbeit
  7. ピンバック: influencemi
  8. ピンバック: waist trainer
  9. ピンバック: Replica Rolex Sale
  10. ピンバック: Tattoo Supplies
  11. ピンバック: this link
  12. ピンバック: Vape Shop
  13. ピンバック: Buy marijuana online
  14. ピンバック: uniccshop.bazar
  15. ピンバック: danh lo de
  16. ピンバック: windowcleaninglist.com/
  17. ピンバック: cbd oil for insomnia
  18. ピンバック: w88casino.net
  19. ピンバック: Hotels near LAX Airport
  20. ピンバック: mơ thấy ba ba
  21. ピンバック: mo thay vang
  22. ピンバック: 메이저놀이터
  23. ピンバック: 12ga Shotgun
  24. ピンバック: Stiiizy starter kit
  25. ピンバック: xep hang 12 chom sao
  26. ピンバック: tennis truc tuyen
  27. ピンバック: tai game choi bai doi thuong
  28. ピンバック: musica italiana 2021
  29. ピンバック: cc shop
  30. ピンバック: cbd oil reddit
  31. ピンバック: braided wigs

コメントは停止中です。