第8回 消費性

05パンテオン A.D.2 ローマ

私が学部3年生の時、今は亡き建築家篠原一男は故倉俣史朗を非常勤講師に招き、ショップという課題を学生に出した。それはインテリアデザインである。国立大学の工学系の建築学科においてインテリアデザインを、しかも商業建築を課題に出したのは当時としては新しい試みだったに違いない。商業施設なるものはそもそも『建築』ではなかったと思われる。戦後建築といえば公共施設であり、その後、住宅もやっと『建築』になり、そして商業施設がそろそろ『建築』に仲間入りするときだったのだと思う。倉俣史朗が来た次ぎの年磯崎新がパラディウムというディスコをニューヨークに設計した。バブルが始まる頃である。

目次

1.永遠の建築

 1.1 神殿
 1.2 神としてのオーダー
 1.3 王の建築

2.消費社会の到来

 2.1 人の建築
 2.2 フォードから西武

3.消費される建築

 3.1 消費される場としての建築
 3.2 ファッションと建築
 3.3 大量生産住宅
 3.4 消費の海
 3.5 デザインの消費

4.消費を拒む建築

 4.1 消費分析の上で0から考える:坂本一成
 4.2 消費の海へ身を投げる:伊東豊雄
 4.3 消費されない視覚:妹島和世
 4.4 消費だからの可能性:Rem Koolhaas
 4.5 環境派
 4.6 リノベーション派
 4.7 物質派

5.消費社会への戦略

 5.1 消費分析の上で0から考える:坂本一成
 5.2 消費の海へ身を投げる:伊東豊雄
 5.3 消費されない視覚:妹島和世
 5.4 消費だからの可能性:Rem Koolhaas

《参考文献》

  1. 伊東豊雄、2000、『透層する建築』、青土社、伊東の2000年までの仕事記録
  2. ジャン・ボードリヤール、1968(1980)、『物の体系』宇波彰 訳、法政大学出版
  3. ジャン・ボードリヤール、1979、『消費社会の神話と構造』今村仁司、塚原史 訳、紀伊国屋書店
  4. 西村清和、1997、『現代アートの哲学』、産業図書
  5. 松井みどり、2002、『ART IN NEW WORLD』、朝日出版
  6. 美術手帳編集部[編]、2005、『現代美術の教科書』、美術出版
  7. 東浩紀、2001、『動物化するポストモダンーオタク社会から見た日本』、講談社現代新書
  8. エイドリアン・フォティー、坂牛卓 辺見浩久監訳 2006、『言葉と建築』、鹿島出版会
  9. 柄谷行人、1988、『日本近代文学の起源』、講談社文芸文庫
  10. HERZOG AND DE MEURON、2002、『NATURAL HISTORY』、LARS MULLER PUBLISHERS
  11. 谷川渥、2006、『美のバロキスム』、武蔵野美術大学出版局

「第8回 消費性」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: Tess ter Horst
  2. ピンバック: Service Minuten
  3. ピンバック: live draw hk
  4. ピンバック: kalpa pharma reviews

コメントは停止中です。