第11回 グローバリゼーション

07ジョバンニ・ミケルッチ他 フィレンツェ サンタ・マリア・ノッベラ停車場 1934

大学院生の時学部3年の非常勤講師として原広司先生が来られスライドレクチャーを行なった。風土を大事にした建築を作るという原さんのマニフェストが学生にも分かりやすく語られていた。風土を大事にするとはどういうことだろうか? それは風土から何かを吸収することなのか? このとき見せてもらった原さんの作品は黒く塗られた下見張りの木造建築が多かった。確かにインターナショナルではないが、どれもが似たようなデザインだった。風土的ならそれぞれ風土に合わせて異なるのが自然では? と少々疑問も持った。

世界は一通りではないはずだが、では何通り作れば気が済むのだろうか? 場所ごとに全部違うということなのだろうか? 新宿と渋谷で違わなければいけない理由はあるのだろうか? あるとすればその基準はなになのだろうか?

グローバリゼーション 目次

1.帝国の時代

 ローマ/世界の帝国

2.第一次グローバリズム

 ナショナリズム/インターナショナル・スタイル/ローカリズム

3.キッチュなローカリズムへの反動

 クリティカル・リージョナリズム(批判的地域主義)/

 ダーティ・リアリズム/ワークショップ建築

4.第二次グローバリズム

 ネオリベラリズム/商品化する建築

5.ネオリベラリズムへの反動

 スロー文化/スライム・アーキテクチャー

アート 目次

1.ポストモダニズムとは何だったのか

 モダニズムという自律性の崩壊

2.接近の可能性

 日常性/ファッション性/視覚性

3.接近の罪悪

 デザインと犯罪

「第11回 グローバリゼーション」への48件のフィードバック

  1. ピンバック: PK Lighting & Sound
  2. ピンバック: https://firma-opinia.pl/
  3. ピンバック: pickup trucks for sale
  4. ピンバック: https://new-movies123.com/
  5. ピンバック: unicc shop
  6. ピンバック: line vao m88
  7. ピンバック: this site
  8. ピンバック: THC vape juice
  9. ピンバック: Kingpen Cartridge
  10. ピンバック: easy 1 up review
  11. ピンバック: Glock 19
  12. ピンバック: Glock 17
  13. ピンバック: gogoanime.digital
  14. ピンバック: yyorkie.com do yorkies shed
  15. ピンバック: Rick Simpson Oil for sale
  16. ピンバック: Cannabis Oil for Sale
  17. ピンバック: THC vape juice
  18. ピンバック: THC Oil
  19. ピンバック: South Africa Music
  20. ピンバック: Darknet
  21. ピンバック: uniccshop account.txt
  22. ピンバック: DarkMarket
  23. ピンバック: Press Release
  24. ピンバック: موقع ربح
  25. ピンバック: call of duty cheats
  26. ピンバック: Legal document preparation
  27. ピンバック: Dictator Dirk
  28. ピンバック: data pengeluaran hk
  29. ピンバック: Delaney
  30. ピンバック: our website
  31. ピンバック: 안전바카라
  32. ピンバック: axiolabs steroid

コメントは停止中です。